私の推しが世界で一番可愛い

推しについて語るだけのブログ。

同担拒否は自衛手段

同担拒否、って聞いて一番最初にイメージするものってなんだろう。
多分大体の人は「ガチ恋」とか「過激派」とかあんまりいいイメージもたないんじゃないかと思う。

 

同担拒否にも色々タイプがあるっていうのはよく言われてるけど(ガチ恋拒否タイプとか推しごとスタンス拒否タイプとか)
私はどちらかというと推しごとスタンス拒否、というか「相手の人格拒否タイプ」なのだと思う。

 

推しのジャンルは割と年齢層が低い。10代が多いんじゃないかと思う。

だからとは言いたくないけど、同担のTwitterや生放送のコメントを見る限り少し幼い(空気を読めてない)ようなものが多い。
私はそれがすごく苦手だし、その人がファンサされてるの見るとやっぱりいい気持ちはしない。
だからゆるゆる同担拒否なんだと思ってる。

 

もちろん10代全員が幼いから拒否する!!!ってわけではないです。
昔から仲良くしてもらってる子は10代の子だし(すごくしっかりした子だから私の方が幼く思えるときがあってたまに死にたい)
自分より年上でもこの人苦手だわーって拒否モードに入ってる人もいる。

 

でも直接話したりしない限り苦手かどうかわからないし、繋がったあとにこの人苦手だった…ってストレス溜めるのは二度としたくないから(これについては本当に色々あったのでいつか書けたらいいなぁ、とか思ってる)

だったら最初から関わらなきゃいい。っていうのがタイトルにもなってる「自衛手段」。

 

そんな考え寂しいとか思う人もいるのでしょうけど、
私は元々ひとりで応援してきたから、誰かと一緒に応援することが必須だとはどうしても思えないのです。

あ、元々仲良くしてもらってる人は別です。人間的に好きな人ばかりなので。

 

まぁこういうこと言うと同担拒否だ!ガチ恋だ!過激派だ!やばい奴だ!って同担拒否警察の人に攻撃されるからおおっぴらには言えませんけどね。

もっと同担拒否が生きやすい世の中になってほしいな。

 

もちろん、他人を攻撃する同担拒否は論外ですが。